サービス案内 お申し込み お知らせ 設定と利用 お客様情報 サイトマップ お問い合わせ
用語解説 - 用語解説[記号,0-9,A-I]

IIJmioのサービスで使用している用語の解説をします。

[記号,0-9,A-I]   [J-R]   [S-Z]   [ア行-タ行]   [ナ行-マ行]   [ヤ行-ワ行]

1. 0070DOD モバイル/PROモバイルアクセス
0070DOD(0070 データオンデマンド)とは、KDDIが提供する全国一律通話料金のデータ通信専用サービスです。
mioモバイルアクセスでは、ワイモバイルからのみご利用が可能です。ワイモバイルからの接続や料金に関するお問い合わせは、それぞれのPHS事業者へお問い合わせください。

2. APOP セーフティメール
POPによるメール取得時に行われるユーザ認証の際に、毎回異なるパスワードを利用する認証方式です。暗号化されたパスワードがネットワーク上を流れる為、通常の認証方式に比べて安全な運用が可能です。

3. AIR-EDGE モバイル/PROモバイルアクセス
AIR-EDGE(エアーエッジ)は、ワイモバイルが提供するパケットデータ通信サービスの名称です。詳細はワイモバイルにお問い合わせください。
AIR-EDGEに関する窓口新しいウインドウを開きます)
ワイモバイルホームページ http://www.ymobile.jp/

4. Content-Type セーフティメール
メール本文のデータ形式(例:text形式/html形式/MIMEメール形式や本文に書かれた言語情報等)を表します。
メールフィルタでの設定方法についてはX-Mailer、Content-typeでのメールフィルタ設定例をご覧ください。
5. DMARC セーフティメール
DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance)は、近年、策定の進んでいる迷惑メール対策の技術の一つで、これに対応することにより、既存の送信ドメイン認証技術(SPF、DKIM)の認証結果を 利用したドメインの送信ポリシーを宣言することが可能となります。
6. DomainKeys/DKIM セーフティメール
送信ドメイン認証に利用される手法のひとつです。電子署名を利用します。 DNSサーバ上に公開鍵を、メール送信サーバ上に秘密鍵を設置し、秘密鍵 で生成した署名情報を送信されるメールのヘッダに記述します。メール 受信サーバにおいて、メールの署名情報と公開鍵とを照合することによ り、メールが正当なメールサーバから送信されたものかを判別することが可 能となります。

7. HSDPA IIJmioモバイルサービス高速モバイル/EM
HSDPAとはHigh Speed Downlink Packet Accessの略称です。 下り(基地局→端末)方向のパケット通信速度を向上させる技術で、通信速度を最高で14.4Mbps(理論値)まで引き上げることができます。

8. HSPA+ 高速モバイル/EM
HSPAとはHigh Speed Packet Access Plusの略称です。 第3世代(3G)携帯電話方式「W-CDMA」の高速化規格「HSDPA」および「HSUPA」を拡張したもので、通信速度を最高で21.6Mbps(理論値)まで引き上げることができます。

9. HSUPA IIJmioモバイルサービス高速モバイル/EM
HSUPAとはHigh Speed Uplink Packet Accessの略称です。 上り(端末→基地局)方向のパケット通信速度を向上させる技術で、従来は384kbps程度だった通信速度を最高で5.76Mbps(理論値)まで引き上げることができます。

10. IIJmio
IIJmio(アイアイジェイ・ミオ)とはIIJの個人向けインターネットサービスのブランド名称です。メールや接続等のサービス群から、お好きな機能だけを組み合わせてご利用いただけます。詳しくはIIJmioとは?をご覧ください。

11. IPIP(IP over IP)
IP over IPは、トンネルリング方式の1つです。IPパケットに別のヘッダを付け、転送を行います。

12. IPv4
Internet Protocol version 4 の略称で、一般的にIPといえばIPv4の事を指します。
現在コンピュータに付けられているIPアドレスはIPv4アドレスと呼ばれ、32ビットの長さを持っています。210.130.1.1のように表記されます。

13. IPv6
Internet Protocol version 6 の略称で、IPv4の後継用として設計されたプロトコルです。
IPv6アドレスは、128ビットの長さを持っています。表記方法はIPv4アドレスとは異なり、3ffe:0507:0001::1のようになります。

14. IP電話サービス IPフォン/F
IP電話サービスとは、VoIP(Voice over IP)技術により音声をIPパケットに変換し、NTT等の電話会社の一般加入電話網を経由せず、IP網(インターネット)を使用して音声通話を行うことができるサービスです。
mio IPフォン/Fでは、NTT東日本、NTT西日本が提供するフレッツ回線を使用して音声通話を利用することが可能です。

15. IP電話対応機器(IP電話サービス対応機器) IPフォン/F
IP電話対応機器(IP電話サービス対応機器)とは音声をIPパケットに変換することで、接続されたアナログ電話機からIP電話サービスを利用することができる通信機器です。

16. IP網 IPフォン/F
IPとはInternet Protocolの略称です。IP網とはIPを利用したネットワーク(インターネットやLAN等)のことを示します。
IP電話では、このIP網を使用して音声通話を行います。
このページの先頭へ