サービス案内 お申し込み お知らせ 設定と利用 お客様情報 サイトマップ お問い合わせ
メールフィルタ概要 - X-Mailer、Content-typeでのメールフィルタ設定例

メールフィルタの設定条件のうち、「X-Mailer」と「Content-Type」について詳しくご説明します。実際の設定はサービスの設定と利用会員専用の「メールフィルタ設定」で行ってください。



■X-Mailer(エックスメーラ)

「X-Mailer」は一般的に、差出人が使用したメールソフトの名称とそのバージョンを表します。

代表例

  • Microsoft Outlook Express
  • Microsoft Office Outlook
  • QUALCOMM Windows Eudora
  • Becky!

「X-Mailerによるフィルタ」を設定すると...

X-Mailerの記載がないメールをごみ箱へ入れることができますので、必要に応じて設定ください。
※X-Mailerの記載がないメールは、大量送信メールに多く見られます
※携帯電話等のメールにもX-Mailerの記載がないようですので、ご確認の上で設定を行ってください
※メールソフトによってはX-Mailerの代わりにUser-Agentを使うソフトもありますが、この場合もごみ箱に入りますので設定にご注意ください

「条件指定によるフィルタ」でX-Mailerを対象にフィルタすると...

特定のメールソフト名等を指定することで、該当するメールを受け取る/ごみ箱へ入れるの選択ができます。
[設定例]メールソフト「Outlook Express」で送信されたメールを受け取らない場合
  1. メールフィルタ設定の「条件指定によるフィルタ」内で以下の設定をします。
    • 対象:X-Mailerが
    • キーワード:Outlook Express(設定したいメールソフト名を入力します)
    • 条件:を含む場合は
    • 動作:ごみ箱に入れる
  2. X-Mailerが「Outlook Express」のメールがごみ箱へ配送されます。

■Content-Type(コンテントタイプ)

「Content-Type」は、メール本文のデータ形式(例:text形式/html形式/MIMEメール形式や本文に書かれた言語情報等)を表します。外国語のメールやhtml形式のメールをフィルタする際に利用すると便利です。

メール形式例

text形式 「text/plain」というコードが表示されます
html形式 迷惑メールには「multipart」という文字列が含まれる場合が多く見られます
※添付ファイルつきメールにも「multipart」という文字列が含まれます

文字コード例

日本語 iso-2022-jp
中国語 GB2312
アルファベット US-ASCII

実際の文字コード例

日本語(text形式) Content-Type: Text/Plain; charset=iso-2022-jp
中国語(text形式) Content-Type: text/plain; charset=GB2312
アルファベット(text形式) Content-Type: text/plain; charset=US-ASCII

「条件指定によるフィルタ」でContent-Typeを対象にフィルタすると...

特定の文字コード等を指定することで、該当するメールを受け取る/ごみ箱へ入れるの選択ができます。
[設定例]英語メールをごみ箱に入れる場合
  1. メールフィルタ設定の「条件指定によるフィルタ」内で以下の設定をします。
    • 対象:Content-Typeが
    • キーワード:ASCII(設定したい文字コードを入力します)
    • 条件:を含む場合は
    • 動作:ごみ箱に入れる
  2. 迷惑メールに多い、英語で記載されたメールがごみ箱へ配送されます。

■注意事項

  • フィルタの条件によっては、お客様の意図しないメールがごみ箱へ移動される場合もございます。フィルタ条件を設定された場合には、定期的にごみ箱をご確認いただくことをお勧めします。
関連ページ
メールフィルタ概要
メールフィルタの設定例
ワイルドカードを使用した条件指定によるフィルタ設定例
サービスQ&A
マニュアル会員専用
サービスの設定と利用会員専用
このページの先頭へ