サービス案内 お申し込み お知らせ 設定と利用 お客様情報 サイトマップ お問い合わせ
メールフィルタ概要 - ごみ箱について

メールフィルタ機能で「ごみ箱に入れる」を設定すると、弊社メールサーバ内にあるごみ箱にメールが配送されます。

■ごみ箱にメールが入るケース

以下の2つのケースがあります。

  • メールフィルタや、なりすましメール対策フィルタで「ごみ箱に入れる」と設定された条件に合致した場合
  • 「サービスの設定と利用」会員専用の「全メール削除/ごみ箱へ移動」で「メールをすべてごみ箱へ移動する」を指定した場合

■ごみ箱の仕様

メール保存期間 サーバに到着後30日間(*1)
ごみ箱に配送されるメール数 無制限
ごみ箱に配送されるメールの容量 無制限

*1: 「サービスの設定と利用」会員専用の「全メール削除/ごみ箱へ移動」でメールをごみ箱に入れた場合も、メールサーバに届いた日より30日間となります。お客様がメールをごみ箱に入れてから30日間保存されるものではありません。

■ごみ箱操作

ごみ箱に配送されたメールには、「サービスの設定と利用」会員専用の「ごみ箱操作」にて以下の操作を行えます。

一覧確認 添付ファイルの有無、サーバ到着時刻、送信者(From:)、件名(Subject:)、メールサイズの確認ができます
再配送 ごみ箱に入っているメールをお客様のメールボックスに再配送することができます。ただしこの場合は転送先に配送されません
削除 ごみ箱に入っているメールを削除することができます

■注意事項

  • ごみ箱に入ったメールは、メールサーバに到着後30日間で自動的に削除されます。「サービスの設定と利用」会員専用の「全メール削除/ごみ箱へ移動」でメールをごみ箱に入れた場合も、メールボックスに保存されていた期間を含み30日間で削除されます。
  • ごみ箱に入ったメールをお客様のメールボックスに再送することができますが、ごみ箱からメールボックスに再送されたメールは転送先には配送されません。
  • ごみ箱から削除したメールは復活させることができません。
  • フィルタの設定内容によってはお客様が意図しないメールがごみ箱に入ってしまう場合がありますので、定期的にごみ箱に入っているメールをご確認ください。
関連ページ
メールフィルタ概要
メールフィルタの設定例
なりすましメール対策フィルタ概要
X-Mailer、Content-typeでのメールフィルタ設定例
ワイルドカードを使用した条件指定によるフィルタ設定例
サービスQ&A
マニュアル会員専用
サービスの設定と利用会員専用
このページの先頭へ