IPv6接続状態
ホーム > MiKi's Happy mio Life > 2015年11月

Happy mio Life担当のMiKiです。プライベートでは二児の母。飯田橋オフィスで働くIIJ社員です。mioに関わる最新情報やお得情報をMVNO初心者の方にもわかりやすく綴っていきたいと思います。

みなさん同様、もちろんワタクシも夫婦揃ってmioユーザ。通信コスト大幅圧縮も含め、mioっていいよね!と夫婦で実感中です。みなさんにもmioから広がるHappy Lifeをお届けできるよう、連載執筆、頑張ります!!どうぞ宜しくお願い致します。


第6回
IIJmio SIMフリースマホ使用レビュー

みなさん、こんにちは。
11月も後半。もう2015年も残りわずかとなりましたね。イルミネーションもはじまり、街はすっかりクリスマス一色!寒い季節が大の苦手で早くも暖かな季節が待ち遠しい私ですが、年末まではワクワクします笑!

そろそろ息子たちのクリスマスプレゼントも用意しなければ!昨年は、何ヶ月も前に終了している戦隊のおもちゃをねだられ(サンタさんへのお願いとして)、既に生産終了となったおもちゃを探すのに四苦八苦しました。

売れ残っている新品おもちゃってプレミアがついて、定価より高くなるのですね涙。勉強になりました。セカンドショップ周りの甲斐なく、お目当てのものが見つからず。商品のJANコードで問い合わせをしましたが、全国のトイ○らすにも全国の某スーパーにも在庫がなく、ネットでは2倍ほどの価格に跳ね上がっておりました…。結局オークションで競り落とす、という羽目になり、母、頑張りました(親ばか)。今年は私にもサンタさんがやってくるといいな♪

さて、今回のHappy mio Lifeでは、現在IIJmioで販売中のSIMフリースマホについてご紹介します。 ご紹介するSIMフリースマホは3つ。

HUAWEI P8liteの特長
自撮り補正、デコレーションなど充実のカメラ機能、モーションコントロールで操作、独特なロック解除パターン、SIM2枚デュアル対応
>詳しくはこちら

ASUS ZenFone 2 Laserの特長
限定色の「パープル」、片手モード、手袋モード、タッチジェスチャーモードなど切替、瞬時にオートフォーカス、暗くてもキレイに撮れるカメラ機能
>詳しくはこちら

富士通 arrows M02の特長
国産スマホ、軍用基準対応のタフネススマホ、3日間使える大容量バッテリー、おサイフケータイ対応で便利
>詳しくはこちら

HUAWEI P8lite

「IIJmioサプライサービス」の先駆け。第一号端末が「HUAWEI P8lite」 。見た目も薄くスタイリッシュ、重さ約131gと比較的軽量で、女子受けが良さそうな端末です。カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ゴールドの3色展開。8月に発売されたゴールドが個人的にはお気に入りです。電源操作位置は、向かって右側。右手でスマホを持った時に親指で操作するイメージです。

自撮り写真をデコレーション

メインカメラ画素は1,300万画素と高画質。カメラ画質が向上したと話題のiPhone 6sが1,200万画素なので、こちらを上回るレベルですね。カメラに関しては、なかなかおもしろい機能が充実しています。自撮りした写真に、画面上で目を大きくしたり、肌の色を変えたりと、整形並みのアレンジが加えられるパーフェクトセルフィーなる機能が標準でついています。

写真にワンポイント追加

個人的には、ウォーターマーク機能がとても素敵でおすすめです。撮影した写真に、場所や時刻、天候などの情報を透かしで入れられるのですが、それぞれ可愛らしい表記(マーク)が用意されていて、写真のワンポイントになります。

また、「ウルトラスナップショット」機能も実用的だな、と感じました。電源画面OFF時にいち早くカメラを起動させたい場合、電源ボタンの上に位置するボリュームダウンキーを2回押せばOK。ママ目線で恐縮ですが、「あ、今!」という、こどもの可愛い一瞬の表情を逃さないために是非利用したいと思いました。

モーションコントロールで着信音やアラーム音を簡単にオフに。アプリや画面ON/OFFも可能

でも、なんと言ってもP8liteを触っていて「なるほど、これは便利!」と思ったのが「モーションコントロール」機能です。例えば、仕事中に携帯の着信音やアラーム音がオフィス内に響いてしまった場合、緊急で音を止めるのに、慌ててしまい、逆に手間取ってしまう時がありますよね。そんな時、モーションコントロール機能のひとつ「画面を伏せて消音」をONに設定しておけば、スマホを伏せるだけで音が消せるのです。

目覚ましアラームの時は、伏せるだけで簡単にアラームをOFFできてしまうので、目覚まし機能が果たせなくなる可能性はありますね^^;

また、画面OFFにしていても「ダブルタップして画面をONにする」という機能を設定しておけば、ボタンを操作することなく、文字通りダブルタップで画面を立ち上げることができます。スマホを直接手に持てない状況(例えば、スマホでレシピを確認しながらお料理している時など)では、とても便利に使えると思います。

その他にも、画面オフ時に予め登録しておいたアルファベットを画面に書くだけで、登録したアプリを1ステップで起動させることができたり(4種類までですが、アプリはよく使うものなど自由に選択できるメリットがあります)、利便性の高いおもしろい機能が付加されているなぁと感じました。(実際に体感いただけると、その利便性がより実感できると思います!!)

ロック解除時の「パターン」もおもしろい

※「M」を書くと「音楽(Music)」のアプリが、「C」を書くと「カメラ(Camera)」アプリが立ち上がります。

SIMが2枚挿せるデュアル対応機種

海外製品特有のデュアルSIM対応機種。SIMが2枚挿せるのです。自身での切り替え式となりますが、IIJmioSIMをご利用いただきつつ、もう1枚他社キャリア様のSIMを挿す、など、少しマニアックではありますが、2枚のSIMを切り替えてご利用いただけますよ。CPUスペックも高く、総合的に満足度高くご利用いただける機種だと思います!

HUAWEI P8liteのご購入・お申し込みはこちらから HUAWEI P8lite 商品ページ

ASUS ZenFone 2 Laser

IIJmioでしか手に入らない限定色の「パープル」

ZenFone 2 Laserといえば、ホワイト、ブラック、レッド、ゴールドのカラーバリエーションですが、このたびIIJmio限定カラーのパープルが新登場いたしました!!人とは違うものを選びたい、という方、IIJmio愛溢れる愛すべきユーザ様には、IIJmioでしか手に入らないプレミアムカラー、パープルがイチオシです!
※ ご好評につき、パープルは一時品切れとなりました。次回入荷予定は12月上旬となります。入荷次第お申し込み受付を再開いたしますので、今しばらくお待ちください。

人間工学に基づいたデザインといわれるそのボディは、確かに手に馴染み、持ちやすいです。他のスマホを手に取って比べれば、その差は歴然。断トツで持ちやすい。電源ボタンがサイドでなく、トップに位置しているのも特長的。ボリュームコントロールも本体背面に設置されているので、サイドにはボタンがついていません。ボリュームボタンは持ちながら、人差し指で操作するイメージです。

ASUS ZenFone 2 LaserもデュアルSIM対応端末です。自身での切り替え式です。先ほどご紹介したモーション機能も搭載。「ダブルタップ」で、画面のONだけでなくOFFもできます。また、特定のアルファベットを画面に書くだけでアプリが一発起動できる点も、同じですね。こちらは、特定のアプリ6種類に対応しています(アプリは自分で選択できません)。

特長的な機能は「片手モード」「簡単モード」「タッチジェスチャーモード」

「片手モード」:画面が5インチになったことで、手が小さい方は片手での操作にかなりご苦労されるかと思います。そんな時、画面の中に小さい画面を表示してくれる「片手モード」に変更すれば、ストレスなく、画面を操作できます。画面サイズや位置等は自由に設定できるので、左手利用の場合もご心配なく!!

「簡単モード」:お父さん、お母さん世代におすすめなのが、こちらの機能。読んでそのままですが、スマートフォン初心者の方にもわかりやすい簡単表示になります。アイコンが小さくてよくわからないわ、というお母さんにもオススメ。ドコモのらくらくホンのように見やすくなりますよ。

「タッチジェスチャーモード」:前述のモーション機能です。「ダブルタップ」で画面のON/OFF。指でアルファベット文字を書くことで1ステップでアプリを起動させることもできます。

その他、手袋をしていても操作可能な「手袋モード」や、ONにすると画面が黄色っぽくなりブルーライトカットされる、目に優しい「読書モード」、通話制限、利用アプリ制限、アプリ利用時間制限などの設定ができる「キッズモード」など、あったら便利かも!と思うような機能が充実しています。

瞬時に焦点を合わせられるオートフォーカスを搭載

ZenFone 2 Laser と名前に代表されるように、レーザーオートフォーカスを搭載したことも、本機種の大きな特長となっています。薄暗い状態でも瞬時に焦点を合わせることができるため、カメラ機能を優先されたい方にもオススメです。 ※サンプル画像(暗くてもとてもきれいに撮影できました!)

ZenFone 2 Laserのご購入・お申し込みはこちらから ZenFone 2 Laser 商品ページ

富士通 arrows M02

10月29日より「IIJmioサプライサービス」に新しく仲間入りした富士通製端末arrows M02。みなさん大変よくご存知の国産メーカーということで、信頼性も抜群です。

軍用基準対応のタフネススマホ

注目したいのは、防塵・防水をはじめとする頑丈仕様。IP65/IP68と表記された、こちらの防塵/防水性能は防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)対応で正に最高レベル。IPに続く、前の数字が防塵性能レベル。後の数字が防水レベルです。以下をご覧頂ければ、その性能レベルがおわかりいただけるかと思います。

第一記号 人体及び固形物に対する保護(※防塵性能)について
0 特に保護されない
1 直径50mmを超える固形物や人体の手足などが内部に侵入しない
2 直径12.5mmを超える固形物や人体の指先、または80mm以下の体の一部などが内部に侵入しない
3 直径または厚さが2.5mmを超える固形物が内部に侵入しない
4 直径または厚さが1.0mmを超える固形物が内部に侵入しない
5 粉塵が内部に侵入することを防止する。少量の粉塵が侵入しても動作に支障をきたさない
6 粉塵が内部に侵入しない

第二記号 水の浸入に対する保護(※防水性能)について
0 特に保護されない
1 重力方向に落下する水滴を受けても、有害な影響がない
2 対象物が正常な取り付け位置から15度以内の向きで傾いているとき、落下する水滴を受けても有害な影響がない
3 60度以内の範囲で水滴が噴霧状に落下しても有害な影響がない
4 すべての方向からの水の飛沫を受けても有害な影響がない
5 すべての方向から勢いのある水流を直接当てても有害な影響がない
6 波浪、または全ての方向から強い勢いの水流を受けても有害な影響がない
7 一定の水圧で一定時間水中に浸かっても有害な影響がない
8 連続的に水中に置いても有害な影響がない。水没の条件については製造者が規定する。原則的に密閉構造であること

米国国防総省の軍用基準であるMIL規格対応ということもあり、防塵、防水だけでなく、耐衝撃、対日射、防湿など全14項目をクリアしたタフネススマホ。大雪でも、水しぶきがばんばん飛んでくるプールでも、直射日光が厳しいビーチでも、どんな環境でも利用でき、更に壊れにくいなんてすごいですよね!!昨今スマホはより薄くより軽く、スタイリッシュな作りが増えましたが、一方で液晶割れ、落下による故障等が多発しており、悩みの種のひとつ。スマホ、基本水は大敵です。毎日肌身離さず持ち歩くものだからこそ、耐久性あるしっかりとした作りのものが安心ですよね。

3日間たっぷり使える大容量バッテリー

また、大容量バッテリーを搭載した上に、富士通独自技術「ヒューマンセントリックエンジン」による省エネ機能で、電池が長持ち。一度充電したら、3日間たっぷり使えるのも本機種ならでは!!これは嬉しい機能です^^

※やや厚みのあるボディ。もった感じもがっしり感があるかなぁという感じです。

おサイフケータイ対応

こちらの端末は「IIJmioサプライサービス」内、唯一のおサイフケータイ(Felica)対応というのも特筆すべきポイントです。一度使うと、もうコレなしには生活できなくなる!!というほどの魅力を持つおサイフ機能。ご利用方法は至って簡単。「WAON」や「nanaco」など、利用したい電子マネーを選択し、アプリをダウンロード。簡単な初期設定をするだけで、すぐに「かざせば、使える」状態になります。

スマホにおサイフ機能プラスで、ますます使い勝手がよくなりますね!! 使えるサービスの確認など、詳しくはおサイフケータイガイドでご確認ください。

受話音量調整機能や歩行計も搭載

「スーパーはっきりボイス4」は、相手の聞こえにくい声を強調したり、受話器の「こもり感」や「軽さ」を自動で調節し、聞き取りやすくしてくれる機能。健康管理に役立つアプリ「My Tracker(マイトラッカー)」は、自動で歩数や活動量を記録してくれるので、普段万歩計を持ち歩いているお父さん、お母さん世代にも喜ばれそうです。

この他にも使いやすさにこだわった機能が充実しており、スマホをはじめて利用する方にもオススメです。頑丈で、防水で、ママにも強い味方ですよね!!赤ちゃんってなんだかわからないけれど、リモコンやスマホが大好きですから。日々コップに入れた麦茶をこぼされたり、預けたスマホを落とされたりしているママたちに、「いいスマホがあるよー!」と、教えてあげたくなる端末です笑。

おサイフケータイ対応となると本体価格が高い傾向にありますが、これだけの性能/機能を兼ねそろえて29,800円(税抜)でご購入いただけるのはかなりの一押しポイント。是非ご検討ください。

富士通 arrows M02のご購入・お申し込みはこちらから 富士通 arrows M02 商品ページ

IIJmioでの端末購入は24ヵ月の分割払いも可能

これらの端末は、24ヵ月の分割払いが可能です(SIMと合わせて月額費用としてお支払い可能)。先日ご紹介したモバイルオプションや、端末補償などをつけてご利用いただけば、更に安心!! この他にも、先月よりモバイルWi-Fiルータ(Aterm MR04LN)の販売取り扱いも始まりました。オプションやその他NW機器の取り扱い拡充等、IIJmioをより使いやすく、より身近に感じていただけるよう、IIJmioチーム一同鋭意活動中です。是非今後ともご期待ください^^

お申し込みはこちらから IIJmioサプライサービス


Twitter

メールマガジン(ご利用中のお客様)

IIJmioのメルマガにて更新をお知らせしますので、お知らせを希望する方はこちらよりご案内メールをON(受け取る)にしてください。


最新号(2019年8月7日)
話題の「eSIMプラン(ベータ版)」をご紹介します。

第45回(2019年7月9日)
iPhone(中古端末)の取り扱いを開始しました!

第44回(2019年5月27日)
みおぽんアプリにリチャージ(再チャージ)機能が追加されました!

第43回(2019年4月10日)
スマホ代月額300円!& IIJmioユーザ様限定キャンペーンのご紹介

第42回(2019年2月7日)
長期ご利用者特典「長得」対象者拡大&ピンクが可愛いSHARP AQUOSの新端末をご紹介

第41回(2018年12月26日)
年末年始がおトク!音声SIM月額500円、端末大特価キャンペーンのご案内

第40回(2018年11月27日)
「3つの人気オプション お得に使おうキャンペーン」のご紹介

第39回(2018年10月18日)
【保存版】「プラン変更」と「SIMカードの追加」がしたい!手順と注意点のご紹介

第38回(2018年9月12日)
格安SIMで受信する防災警報のご案内

第37回(2018年8月2日)
IIJmioトークイベント「IIJmio meeting」と夏のIIJmioオススメサービスのご紹介

第36回(2018年6月8日)
「ASUS×IIJmioコラボキャンペーン」とオススメタブレット「Lenovo TAB4 8」のご紹介

第35回(2018年5月8日)
「パンのフェス」「あしたのわたしフェス」、様々なイベントでもIIJmioをご紹介!

第34回(2018年3月7日)
「ファミリーシェアプラン10GB→12GB」へアップグレードと史上最強お得な3つのキャンペーンをご紹介します。

第33回(2018年2月7日)
「取り放題.jp&グルメギフト得々オプション」と「ローチケHMVプレミアム」をご紹介します。

第32回(2017年12月25日)
長期利用者向け「IIJmioプレミアム特典/長得」の利用までの流れを詳しくご紹介します。

第31回(2017年11月30日)
「IIJmioプレミアム特典/長得」と公衆無線WiFi「IIJmio WiFi byエコネクト」をご紹介します。

第30回(2017年11月01日)
HUAWEIの最新機種honor 9と留守電の内容を文字でお届け!「スマート留守電」をご紹介します。

第29回(2017年9月28日)
コミコミセットにあのスマホが追加!人気スマホもご紹介

第28回(2017年8月29日)
「他とは違う!」IIJmioオススメの期間限定「コミコミセット」を紹介します。

第27回(2017年7月27日)
夏休みこども特集!!お子さまのスマホ利用にオススメ「みまもりパック」&相談窓口を紹介します。

第26回(2017年6月29日)
ZenFone Zoom S、ZenFone AR、Moto Z2 Playを紹介します。

第25回(2017年5月30日)
ONKYO「GRANBEAT」、CAT「S40」、Trinity「NuAns NEO Reloaded」を紹介します。

第24回(2017年4月27日)
大容量データオプション、通話定額オプション、VAIO Phone A、Moto G5 Plusを紹介します。

第23回(2017年3月30日)
新年度スタート「IIJmioへの乗り換えのポイント」をご紹介します。

第22回(2017年2月27日)
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応の新端末HUAWEI novaのご紹介

第21回(2017年1月30日)
みおふぉんの「通話に関する節約術」を紹介します。

第20回(2016年12月26日)
SIMとスマホをセット、あまった通信量は割引する「エコプラン」

第19回(2016年11月28日)
世界42の国と地域で利用できるIIJmioの海外用SIMカードを紹介します

第18回(2016年10月28日)
auの4G LTEを利用した「タイプA」を紹介します

第17回(2016年9月29日)
SIMフリー端末、富士通「arrows M03」のご紹介

第16回(2016年8月29日)
電話かけ放題プランはじまりました!月額600円/830円でおトクに

第15回(2016年8月15日)
ミニマム・ライトスタートプランでもSIM最大2枚までOK

第14回(2016年7月)
契約中の複数プランを1つにまとめられます!お申し込み方法ほかのご案内

第13回(2016年6月)
SIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」紹介・使用レビュー 「本端末は販売終了しました。」

第12回(2016年5月)
「スマホでUSEN」、「dヒッツ」「dTV」「dマガジン」のコンテンツ使用レビュー

第11回(2016年4月)
スマホが故障しても安心・安全の「端末補償オプション」のご紹介

第10回(2016年3月)
IIJmio SIMフリースマホ(HUAWEI GR5、ASUS ZenFone Max、ASUS ZenFone Go)使用レビュー

第9回(2016年2月)
IIJmio初!主婦の方に向けたモニターイベントレポート

第8回(2016年1月)
みおふぉんダイアルアプリの使い方

第7回(2015年12月)
雑誌が読み放題の「タブホ」を紹介します

第6回(2015年11月)
IIJmio SIMフリースマホ使用レビュー

第5回(2015年10月)
端末変更/プラン変更の活用方法とおうちでナンバーポータビリティ

第4回(2015年9月)
モバイルオプションで快適・安心のスマホライフ!

第3回(2015年8月)
お友達紹介プログラムで月額料金がおトクに

第2回(2015年7月)
Japan Travel SIM ビックカメラ有楽町店取材

第1回(2015年6月)
IIJmio専用アプリ「みおぽん」のご紹介