IIJmioセーフティメールサービス
よくあるご質問

Q.旧メールサービスで利用できていたメールフィルタができなくなった

A.メールフィルタの設定では、From、Cc、Toのフィルタ内容はメールアドレスの設定が必要となりました。
詳しくは こちらをご覧ください。

Q.メールが送信できなくなった

A.メール送信時に25番ポートをご利用されている場合はメールの送信ができません。またメールアドレスと異なる「差出人(From)」を設定している場合もメール送信ができなくなっています。
詳しくは こちらをご覧ください。

セーフティメール概要

IIJmioセーフティメールサービスは、これからのスタンダードとなる安全機能を備えたメールサービスです。
ウイルス検出・駆除機能をはじめ、STARTTLS/STLS、SMTP認証、メールフィルタリング等のセキュリティ機能を搭載して、月額料金330円(税抜価格300円)という安心価格を実現しました。

お見積もりとお申し込み

サービス仕様

メールアカウント名 2〜20文字の間でお好みのメールアカウント名を指定できます。
(ご希望に添えない場合もあります)
対応ドメイン mio.jpNEW!
iijmio-mail.jp
miomio.jp
miobox.jp
e23.jp
X-IL.jp
保存容量 10GB
保存期間 無期限
※ゴミ箱と迷惑メールフォルダに保存されているメールは30日後に削除されます。
1通あたりの
メールサイズ
大容量100MB
Webメール機能 送受信・カレンダー・アドレス帳NEW!
※新Webメール機能は10月26日から利用可能です。
プロトコル POP3・IMAPNEW!
※IMAPのご提供は12月頃を予定しております。
ウイルス対策 標準搭載
メールフィルタ 受信・削除したいメールを任意に設定可能
詳細はこちら
データ管理 日本国内(東日本・西日本で冗長化)
https://www.iij.ad.jp/biz/xsp-mail/
初期費用 0円
月額料金 330円/1メールアドレス
※ご契約月の月額料金は日割りとします

セキュリティ

SMTP認証を標準装備

IIJmioではPOP認証(POP before SMTP)より確実なメール送信認証方式としてSMTP認証を採用しております。
これにより、spamメールの中継等、第三者によるメールサーバの不正利用を防ぎ、システムの安定性を高めます。なお、SMTP認証を利用する際には、それに対応したメールソフトが必要です。

詳しくはこちら

Submissionポートに対応

Submissionポートとは、通常のメール送信に利用されるTCPの25番ポートの他に、メールサーバがメールソフトからのメール送信を受け付ける専用ポートでTCPの587番ポートを利用します。

ウイルスや迷惑メール対策として、お客様からのメール送信において、TCPの25番ポートを利用できないようにするOutbound Port25 Blockingの検討がISP等を中心に行われており、既に対策を実施したISPもあります。弊社ではこのような動きに対応し、TCPの25番ポートの代替としてのSubmissionポートによるメール送信に対応します。弊社を含め、Outbound Port25 Blockingを実施しているISPの接続環境を利用しているお客様は、Submissionポートによるメール送信をご利用ください。

なお、Submissionポートを利用する際には、それに対応したメールソフトが必要です。

詳しくはこちら

STARTTLS/STLSに対応

STARTTLS/STLSを利用することで、メール送受信時のメールサーバとお客様のメールソフトとの通信の暗号化に対応し、セキュリティを高めます。通常のSMTP/POPと同一のポート番号を利用しますので、POP/SMTP over SSLのように専用のポート番号を指定する必要がありません。

ウイルスプロテクション

  • ・メール受信時のウイルス検出・駆除
    ウイルスに感染したメールが届いても、サーバ側で事前に検出しウイルスを駆除しますので、安心してメールを受信していただけます。
  • ・メール送信時のウイルス検出・通知
    お客様が送信するメールが万一ウイルスに感染していた場合も、サーバ側でウイルスを検出します。

ウイルスプロテクションは、ウイルスプロテクション概要をご覧ください。

送信ドメイン認証に対応

IIJmioではメールの送受信において送信ドメイン認証に対応しています。詳細は、送信ドメイン認証についてをご覧ください。

  • ・メール受信時
    なりすましメール対策フィルタ機能を提供
    SPF, DKIM及びDMARCを利用し、送信元メールアドレスを詐称した迷惑メールを判別することを目的としたなりすましメール対策フィルタを提供しております。詳細はなりすましメール対策フィルタ概要をご覧ください。
  • ・メール送信時
    SPF(Sender Policy Framework)に対応
    mioセーフティメールが提供するメールアドレスの各ドメイン名のTXTレコードに以下のSPF(Sender Policy Framework)認証情報を弊社にて記入することにより対応します。
    "v=spf1 include:spf.iijmio.jp -all"
    詳しくはこちら
    DKIM(DomainKeys Identified Mail)署名に対応
    mioセーフティメールのサーバを利用してメール送信した際、認証したアカウント名とヘッダFromのメールアドレスのメールアカウント、及びドメイン名が一致している場合に、DKIM署名がメールヘッダに付加されます。

    DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance)に対応
    mioセーフティメールのメールアドレスの各ドメインにおいて、DMARCレコードを公開することにより対応します。

注意事項

  • ・最低利用期間は課金開始日より1ヵ月となります。
  • ・IIJmioセーフティメールサービスは、下記の内容を保証するものではありません。
    1.電子メールの受発信機能及びその付加機能が常に利用可能であること
    2.電子メールの受発信時において、すべてのウイルスを検出または駆除すること
    3.電子メールを利用して、受発信される情報が消失し、または毀損しないこと
  • ・弊社メールサーバで送受信できる1通あたりのメールサイズは100MBまでとなります。
  • ・短時間に大量のメールを送信した場合は、メールの送信効率を下げる制御を一定時間行います。
  • ・送信ドメイン認証によりすべての詐称がなくなるものではありません。

詳細な内容は、IIJmioサービス約款・規約IIJサービスご利用にあたってを必ずご確認ください。

お見積もりとお申し込み